ブルブルワース』

アメリカ大統領予備選挙がおおいに盛り上がるなか、大統領選挙を描いた映画で思い出すのは、かつて映画界でもっとも大統領の座を狙っている俳優と言われたウォーレン・ビーティーのこの作品です. 堅苦しいイメージのある大統領選挙を皮肉った内容と当時はまだまだあまり注目されていなかった黒人貧困層に着目したところが結構おもしろいのです. 選挙戦に疲れて自暴自棄になり、友人を通じて裏組織に自分を暗殺するように依頼する導入から結構おもしろいのですが、それだけでは飽き足りないのか今度は演説をラップ口調でやってしまうのもかなり笑えちゃいます. もちろん服装はスーツではなくヒップホップな軽いもの. 普通に見れば明らかに選挙を小馬鹿にしているだけなのかも知れませんが、この頃以前から混迷していたアメリカを巧いこと皮肉っているので、頭のお堅い人以外は十分楽しめるんですよね. そしてこの映画で一際印象に残るのがこの破天荒なブルワース候補をいつの間にか支援する立場にいる無名時代のハル・ベリーです. 正直映画を見る前に彼女が出演していることをすっかり忘れていたので、ハル・ベリーだと気付いた時は少しひっくりしましたよ. でもこの頃からちょっと異質な雰囲気があり、『チョコレート』でオスカーを受賞したのも改めて納得できましたよ. サッカーショップ 首相動静―1月1日: 朝日新聞ニューバランス 574デジタル で映画そのものも後半は少しはかりトーンダウンしてしまうも、徐々に前振りの暗殺ネタが近づいてくる演出と、本当にアメリカ大統領に必要なものは何なのかにブルワースが気付いていくくだりは、人種差別が経済格差にも大いに繋がっている現代アメリカ、ひいては昨今の日本の状況にも照らし合わせることができ、非常にいろいろと考えさせられます. もし仮に日本でもこんな首相候補が登場したら、利権にがんじ絡みの日本の政治は大きく変わるのでしょうか? まぁ百歩どころか二百歩譲ってもそんな政治家など絶対に現れないこの国ですからね. 橋下新大阪府知事も府政に詰まったらラップ口調でいろいろやってみるのもいいかも知れませんね. 深夜らじお@の映画館 はサランラップの扱いが少し苦手です.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>