一つ屋根の下よろしくね 津波で校舎全壊の

東日本大震災の津波で校舎が全壊した宮城県南三陸町立戸倉小学校の児童71人が11日、新学期から校舎を借りる町立志津川小の児童282人と初対面した. 少し緊張しながらも、新しい友達に興味津々だった. 志津川小は町中心部の高台にあり、被害を免れた. 一方、戸倉小は昨年5月から同県登米市の廃校に移り、授業を続けてきた. それぞれの伝統や独自性を保つため別々に授業をするが、一つ屋根の下だ. 対面式では、志津川小6年山内虹歩(にじほ)さん(11)が「私たちは、あのつらい震災を乗り越えた. スープラ スニーカー通販専門店 mahlpahome 互いに力強く歩んでいきましょう」とあいさつ. 戸倉小6年後藤菜月さん(11)は「一日も早く皆さんと友達になりたい. 分からないこと、たくさん教えて下さい」とこたえた.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>