九電入社式、やらせメール問題には触れず

やらせメール問題を巡って1日付で社長が交代した九州電力は2日、福岡市で入社式を開いた. 瓜生道明新社長は新入社員361人を前に「創立以来最も厳しい状況に直面している」と述べたが、社員らが玄海原発の運転再開に賛成する意見をテレビ番組に投稿した一連の問題にはふれなかった. 瓜生社長は式典後の取材に「前に向かって仕事をしてもらいたい. 後ろ向きな話はしたくなかった」と説明. 「新入社員の様子に、(この問題への)不安は感じられなかった. 安心した」と語った. ただ、人材育成の方針としては「よい部分は残したいが、悪い部分は消去する」と説明. 「(電力の)安定供給を大事にせんがゆえにああいうことになった. 主体性を大事にしてもらいたいと思っている」と話した. 新入社員代表であいさつした上妻(こうづま)春奈さん(22)も式の後、取材に応じた. いっしょにすりーぴんぐ for Andr ナイキショップ laketodem 東日本大震災で電力の安定供給の重要さを実感したといい、福島第一原発の事故については「安全と思われていた施設で事故が起きたのは事実. エネルギー政策について、国全体で考えていかなければならないと思う」と話した.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>