安倍首相「中韓は前提条件つけエアジョーダンず首脳会談を

安倍晋三首相は6日、三重県伊勢市で伊勢神宮に参拝し、同市内で年頭記者会見に臨んだ. 政権発足から1年余り実現していない日中、日韓首脳会談について、「困難な課題や問題があるからこそ、前提条件をつけずに首脳同士が胸襟を開いて話をするべきだ」と述べた. 昨年末の自らの靖国神社参拝でさらに悪化した中韓との関係改善に改めて意欲を示したが、「首脳会談は現時点で見通しがあるわけではない」とも語った. 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は6日の会見で首脳会談開催に「十分な準備がなければならない」と安倍首相に歩み寄りを求めるとともに、歴史認識をめぐる日本側の姿勢を批判. これに対し、首相は会見で「(前提条件なしという)同じ姿勢を中国、韓国にも、とってほしい」と語った. 靖国参拝については「(不戦の誓いなど)私の真意を直接説明したい」と述べた. 首相は経済政策について「この春こそ、景気回復の実感を収入アップという形で国民に届けたい」と強調. サッカーユニフォーム 今月24日に召集される見通しの通常国会を「(経済の)好循環実現国会」と位置づけ、経済対策を盛り込んだ今年度補正予算案や来年度予算案、税制改正案などの早期成立を図る考えを示した. 今年半ばに雇用や農業などの分野を中心に成長戦略を改定する意向も表明した. 原発の新増設については、首相は「現在のところ全く想定していない」と説明. velavihor 「まずはエネルギー源の多様化と、既存の原発の再稼働の判断に集中していく」と述べた.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>