韓国で新原発が商業運転開始 23基目、慶

韓国の古都・慶州(キョンジュ)市(慶尚北道)の海沿いにある月城(ウォルソン)原発で31日、5基目となる新月城1号機(加圧水型炉、100万キロワット)が商業運転を始めた. 運営する公営企業・韓国水力原子力が明らかにした. 韓国の原発は23基となった. 韓国政府は7月20日、福島の事故後では初めて、釜山(プサン)市の古里(コリ)原発で新たな原子炉の商業運転を認めた. ほかにも5基の原発の建設工事が続いている. 東京電力福島第一原発事故後に福島を視察し、脱原発を求める市民団体「慶州環境運動連合」の李相洪(イ・サンホン)事務局長は「安全が徹底して確認されるまで運転を延期するよう求めていたが、政府は性急に原発を増やそうとしている」と話した. (ソウル=中野晃).

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>