2012年4月エアジョーダン スニーカー期メーカー別ソフト販売金額

2012年4月期のメーカー別ソフト販売金額TOP10は、前回2位だった任天堂が首位に返り咲いた. ソフト平均単価は、TOP10にランクインしたメーカーの中で一番低いものの、月間ソフトランキングで首位となった『 ファイアーエムブレム 覚醒 』が40万本に迫る勢いで販売を伸ばしていることが大きく貢献している. 4月に発売した新作は、同ソフトのほか『 マリオパーティ9 』の2本だけだが、『 新・光神話 パルテナの鏡 』や『 スーパーマリオ 3Dランド 』など、過去に発売されたタイトルの販売が安定していることも寄与した. 一方、2月期・3月期のトップだったバンダイナムコゲームスは2位となっている. 4月期には、6本の新作を発売したが、30万本以上を販売したタイトルは『 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 』の1タイトルのみで、3月期に比べると、月間販売本数が約半数にまで減少したことが大きく影響している. そのほか、3月期に10位だったアイディアファクトリーが9位に、10位には『 コンセプション 俺の子供を産んでくれ! 』を発売したスパイク・チュンソフトが浮上した. (エンターブレイン マーケティング企画部).

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>