asahi.com(朝日新聞社): 中銀

世界的に知られる日本の前衛建築運動・メタボリズムの代表作の一つ、黒川紀章設計の中銀(なかぎん)カプセルタワービルのカプセル形のモデルルーム一室が、同じく黒川設計の埼玉県立近代美術館(さいたま市)に寄贈され、16日、同館のある公園の彫刻広場に設置された. 1960年に提唱されたメタボリズム(新陳代謝)は、建築も時代や用途の変化に応じ、空間や機能を取り換え成長させればよい、という発想. ベッドや机などを備えた着脱可能なカプセル140室を重ねて72年に東京・銀座に完成した中銀ビルは、象徴的存在だが、老朽化のためすでに建て替えが決まっている. モデルルームはその足元に長年置かれ、東京の森美術館で15日まで開かれていた「メタボリズムの未来都市展」に出品されていた. 同展がきっかけとなり、中銀ビルディング株式会社が寄贈することになった. 埼玉県立近代美術館の建畠晢館長は「黒川さんの傑作で日本建築史の金字塔. モデルルームも非常に重要な資料になる」と話す. 本体が姿を消しても、新たな生息の地を得て、新陳代謝することになる. mahlpahome ナイキ SB (編集委員・大西若人).

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>